仏像

■不動明王(重要文化財) ■十一面観音菩薩

弘法大師の御作と伝えられるこのお不動さんは、もとは弥山の大日堂にお祀りされていた仏さんで、平成5年6月10日に国の重要文化財に指定されてから本坊の霊宝館に安置されている。 行基菩薩の御作と伝えられる観音さんは、厳島神社の御本地仏として祀られていたが、明治維新の神仏分離から大聖院の観音堂で祀られるようになった。


■阿弥陀如来 ■虚空蔵菩薩

この阿弥陀さんは「本坊」観音堂にお祀りされていたが、平成5年8月に阿弥陀堂ができてからは、そのお堂でお祀りされている。西方浄土の仏さんです。 弥山本堂の御本尊である虚空蔵菩薩は、智恵と福徳を司る仏さんでその昔、戦国武将に信仰されていた。


■金剛界曼荼羅 ■胎蔵界曼荼羅

九つの世界に分かれているので九会曼荼羅とも称される。中央には大日如来がおられ、その東方に、南方に宝生如来、西方に阿弥陀如来、北方に不空成就如来が描かれている。 中央には大日如来がおられ、東方に宝幢如来、南方に開敷華王如来、西方に無量寿如来、北方に天鼓雷音如来が描かれている。この両界曼荼羅は本坊摩尼殿にお祀りされている。


■賓頭盧尊者(ビンズルソンジャ) ■十六善神

羅漢の筆頭弟子で神通力にすぐれている。体の弱っている所と同じ所をさすると治ると言われているため、なで仏とも呼ばれています。  大般若経を守護する十六善神と、大般若経に関わりの深い、常啼菩薩・法誦菩薩、玄奘三蔵・深沙大将の20体で勅願堂前に安置されている。


仏像・次へ>>


マップに戻る

NMJNet Market Japan Corp.