信仰―本坊・弥山・仏像の紹介

弥山

◆伊藤博文公と弥山
明治の偉人伊藤博文公は、三鬼大権現の信仰深く、度々参籠しておられ、殊に頂上からの景観を好み、「日本三景の一の真価は頂上の眺めにあり」といい、広く内外人に知らせるべきだと、当時七千円の浄財を出して、現在の登山本道をつけられた。弥山本堂にある掲額は博文公の直筆である。また、本坊境内の大自然石には碑文が彫ってある。


■大日堂 ■大梵鐘(重要文化財)

大日堂

大梵鐘
金剛界・胎蔵界の大日如来をお祀りしている。また、中央には不動明王がお祀りされていたが平成5年に重要文化財に指定されてから本坊・観音堂に安置されている。 平家の武将である平宗盛が寄進された大梵鐘であり、国の重要文化財に指定されている。「伊都岐島弥山水精寺」という後刻銘が存していることで有名である。現在は、弥山本堂に安置されている。

弥山本堂 ■不消霊火堂

弥山本堂

不消霊火堂
本尊虚空蔵菩薩、脇に不動明王、並に毘沙門天を祀る。平清盛、足利義尚、大内義隆、福島正則など雄将の信仰深い。 不動明王を祀る、不滅の霊火堂。大師御修行当時から燃えつづけている聖火で、ここにかかる大茶釜の霊水は、万病に効くとして有名である。



弥山・次へ>>


マップに戻る

NMJNet Market Japan Corp.