信仰―本坊・弥山・仏像の紹介

本坊

摩尼殿 ■遍照窟

摩尼殿

遍照窟
弥山三鬼大権現の本坊御祈祷所。
摩尼は福寿とも訳し、幸せな日ぐらしと、健康で長生きができることなどを願って、参拝者が絶えません。
四国八十八ケ所霊場の本尊が安置され、本尊前に各霊場のお砂が埋めてあり、四国を遍路したのと同じ功徳があるといわれ、お砂踏みの同行がたえません。

■大師堂 観音堂

大師堂

観音堂
大聖院本坊最古の建物で、真言宗の開祖、弘法大師空海が祭られています。また、御堂のまわりに西国三十三観音、一願大師、稚児大師等が安置されています。 参道の階段を上り、右手に見える大きな建物が観音堂で、行基菩薩の御作と伝えられる十一面観世音菩薩が安置され、先祖供養等を行なっています。

■八角万福堂 ■勅願堂

八角万福堂

勅願堂
恵比須・大黒天・毘沙門天・弁財天・福禄寿・寿老人・布袋尊の七体の福徳の神を安置し、宮島七福神として名高い。毎年七月七日に大祭を催されます。 鳥羽天皇勅願道場。大聖院の本堂で豊臣秀吉が朝鮮出兵の時に、必勝・海上安全を祈願した本尊波切不動明王を安置する。毎日、家内安全・心願成就等の護摩祈願を修しています。



本坊・次へ>>


マップに戻る

NMJNet Market Japan Corp.